【 中村俊輔 スコットランドリーグ セルティックデビュー戦 】

■ JFC column Vol.52 ■ 2005年8月6日
a0008708_1763721.gif
俊輔がスコットランドリーグ【セルティック】で先発デビューした。ユニフォームは緑のボーダーライン。イタリアレッジーナのエンジ色とはまったく違うイメージで俊輔に結構似合っている。デビュー戦はセルティックのホームゲーム。俊輔はトップ下での先発出場。スコットランドリーグの試合ははじめて見たが、イタリアとはまったく違うサッカーを展開する。すごくプレーはクリーンである。またグランドも最高の状態で思いっきりプレーに集中できる環境だ。スコットランド人がガツガツあたってくるならば俊輔、当たり負けするのかなと考えていたが、彼はやれる。通用する。俊輔はアクセントをつけたプレーでセルティックの試合を作り上げれると確信した。

俊輔のプレーでスタジアムが沸いたのは5回。

試合開始直後1分。ゴール目の前でボールを受けた俊輔がポストになり左へ軽く流し、ゴール前に飛び込んだ俊輔にワンツーが帰ってきたっ♪ 即座にヘディングーーーーーーーーーーーー!はキーパーまん前(惜)っ!。おおおおおおおおおおおとスタジアムがどよめく。その後ジャンジャカ俊輔にボールが集まり始めスルーパス、ループパスと自在に操る姿はまるで長年選手達とプレーしているかのようだ。セルティックのFWは決定力を持った選手が三人出場した。その誰もがここ一番で決める能力が高く、俊輔が輝く瞬間が沢山あることを予感させる。さらにセリエAで学んだファール誘うドリブルをゴール目の前で披露し、見事にFKをもらう。誰が蹴るかまったくわからない状態でいきなり俊輔が間をはずして蹴ったボールがポスト横5cmはずれたが、するどく曲がるボールにまたもやスタジアム大爆発。スコットランド上陸し間もない状態。しかも1ッ月半ぶりの試合にしては上々のデビュー戦だったと思う。試合は2-0でホームのセルティックが勝利した。

この試合で俊輔はMVPを受賞し、二日後の地元メディアは「東洋の魔術師」やら「デビュー戦なのに驚くほど落ち着いていた」と派手に宣伝しているが、こんなもんじゃない。私は3年間俊輔のプレーを追っている。デビュー戦は悪くなかったが、100%の出来ではなかった。キレキレの俊輔を見たらスコットランドのメディアはどんなコピーをつけるのか非常に興味深い。
[PR]
by powertools | 2005-08-07 01:20 | football column


<< 【 日韓戦 東アジアサッカー選... 【 イラレ教室 第1回 】 >>