<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【 国際親善試合 ドイツ 対 日本  】

■ JFC column Vol.80 ■ 2006年5月31日
【過去の中村俊輔試合レポートを読みたい方は右横カテゴリー内のfootballcolumnの文字をクリック♪】
a0008708_10311586.gif
日本代表がワールドカップに向けて、現地(レバークーゼンスタジアム)で親善試合を行なった。対する相手はホスト国のドイツ。東ドイツ出身のキャプテンバラックがチームをまとめ上げる、背の高さを生かしたチームだ。システムは3-5-2。

【 先発メンバー 】
FW : 柳沢、高原
MF : サントス、福西、中村、中田、加地
DF : 中澤、宮本、坪井
GK : 川口 監督:ジーコ

試合開始直後から、集中力が切れない攻防が繰り広げられる。相手FWのクローゼは前回のWCでブレークしたドイツ国内得点王のトップ。このクローゼに中盤前目から切れ味の鋭いクロスを両サイドが放り込み、こぼれたボールをバラックがミドルシュートを虎視眈々と狙っている。対する日本は守ってカウンターの方法を模索するスタートを切る。が、高原と柳沢はなかなかボールを持ったときに粘りをみせ、190cmを超えるドイツDFたちに対してもうまくボールを前に向いてペナルティーエリアまで持ち込む作業ができていた。最初のビッグチャンスはすぐにおとずれた!ダイレクトパスのつなぎにはドイツは完全についてこれなかった。カツンカツンとダイレクトパスを回し、最終的に抜け出したのは中田!GKと1対1の状況になり、シューーーーーーーーート!!バシ!あっさりキーパーどまん前・・・。悔しがる中田。対するドイツもいくつかの縦パスを通したり、サイドからのクロス以外にも攻撃パターンを組み立てるも、得点にはいたらない。日本のDFはよく頑張っている。相手のパスコースを切り、ヘディンする相手FWに対し、しっかり体を当てている。いい試合だ。前半39分にアクシデントが起きた。加地がボールを持ってドリブル開始したところにドイツDFシュバインシュタイガーが後ろからタックルし、負傷!加地は立てなかった・・・。駒野がすぐに投入される。ここで前半終了。

後半は両チーム、メンバー替えずにキックオフ。耐えて攻撃のパターンを探る日本と、基本に忠実にクロスをあげつづけるドイツ。先に口火を切ったのは日本だった。自陣エリアでボールを受け取った俊輔は、得意のフェイントで二人のDFを翻弄すると前戦に走りこむ柳沢にミドルパス!そのパスをダイレクトで前戦にはたくと、フリーになった高原が猛然とダッシュっ!!たった一人でドイツのエリアを攻めあがりパワフルな~~~~~~~~~~~~シュートっ!!ゴール!!!1-0。さらにその8分後、俊輔がサイドチェンジしたロングボールを駒野が受け取ると低いパスをトップの高原に!その高原二人背負ったDFを角度のあるフェイントで抜き去ると一気にシューーーーーーート!!!またもやゴール!! 鳥肌がたった。 2-0。後半基本に忠実にサイドからクロスを入れつづけるドイツに二点取られ、追いつかれたが、なかなか集中した試合を見せた日本代表。加地の怪我が心配だが、変わりに入った駒野はまったく遜色ないプレーをみせた。守備もなかなかに頑張っていたのが印象深い。FWが頑張り、しっかりフィニッシュを決めることができれば、サプライズの可能性が沢山あることを証明した試合だった。FWは今日のゲームのように2得点し、その後追いつかれ、その後大黒と玉田を投入し、最後の1点が取りきれなかった。そのツメを残り10日間でどうするのか、日本代表のやり方に注目したい。あとは本番である。

【 サッカー&フットサルマニアのためのTシャツブランド スイッチ>オン designed by FWDJ 】
[PR]
by powertools | 2006-05-31 16:02 | football column

【 ホームページの改良 その2 】

■ J design column vol.24 ■

かなり時間がかかったが、メインウェブの改良が形になってきた。今まではオーダーしてもらった方のサイトを見て、デザインするだけだったが、これからはそのグラフィックをTシャツにして、すぐに販売できるようにした。パワフルにHPやブログを使って活動している人や、お店をなさっている方に是非活用してもらいたい。値段は1枚¥2500(税抜)という安い設定。フロント部分にプリントしてあるだけのシンプルなグラフィックTシャツだ。

【 free web design J 「WEB-T」 のシステム 】
【 1 】 デザイン料金は無料
【 2 】 製作したグラフィックがすぐにデザインTシャツとして販売開始される
【 3 】 いつでも好きなときに、好きな枚数だけ、誰でも購入できる

となっている。製品化されることを考えて一応サイトを選択制に変更した。誰でもいつでも買えるという特徴を生かすには持っているサイトを見て欲しい、一般の人々に知ってもらいたい度が強いサイトほど面白いと思う。以下は製品用に描いたデジタルフラワーシリーズの第一弾のグラフィック。このデジタルフラワーシリーズはAからZまでリリースする予定。デジタルフラワーAという製品、ガールズMサイズのTシャツサンプルフォト。
a0008708_2134585.gif


【 製品販売用のページはこちら 】

【free web design Jのメインウェブはこちら 】
[PR]
by powertools | 2006-05-26 21:02 | design column

free web design J 【 no.121 】

【 ORANGE様 】
ORANGEさまのHPをみてデザインさせていただきました。オランダの小物をネットショップで販売なさってます。
a0008708_16202628.gif

[PR]
by powertools | 2006-05-18 16:16 | fwdj excite blog

free web design J 【 no.120 】

【 takasi様 】
takasiさまのHPをみてデザインさせていただきました。
a0008708_1510737.gif

[PR]
by powertools | 2006-05-16 15:10 | fwdj excite blog

【 キリンチャレンジカップ 対スコットランド  】

■ JFC column Vol.79 ■ 2006年5月13日a0008708_16254694.gif
【過去の中村俊輔試合レポートを読みたい方は右横カテゴリー内のfootballcolumnの文字をクリック♪】

ワールドカップ前最後の日本代表戦が埼玉スタジアムで行われる。対戦する相手はスコットランド。相手FWのボイドは俊輔がいたスコットランドリーグの得点王で侮れない存在。俊輔や中田英寿、高原、大黒、松井等の海外組は今回召集されていない。前回負傷した村井は靭帯の怪我がやはり深刻で今回のワールドカップは厳しそうだ。

キックオフは19:20

【 先発メンバー 】
FW : 玉田、久保
MF : 福西、小笠原、小野、遠藤
DF : サントス、中澤、宮本、加地
GK : 川口 監督:ジーコ

結果から言うと勝てなかった。前半は前回のブルガリア戦よりもよかったように思う。加地の思い切りの良いシュートや小笠原のミドルシュートなど惜しい場面もいくつかあったが、スコットランドの寄せの速さで阻まれるようでは、ブラジル、オーストラリア、クロアチア相手に勝ち点3を取るのは難しいだろう。しかもスコットランドはMVPプレーヤーであるマローニーや天才DFのウィルソン抜きで戦っているのだ。中澤がコメカミに肘うちをくらい、坪井がバックアップ。中澤が途中交代は珍しい。よほどの痛みだったのだろう。本戦前に心配である。注目のFW巻、佐藤を投入し3トップで攻めても1点取れなかったのは、厳しい状況と言わざるをえない。WCのメンバーは2日後の15日に発表される。この試合結果の0-0の引き分け。収穫は薄く、村井を失い、中澤の状況が心配される不安は増大した最悪のキリンチャレンジカップが終了し、4年間の集大成をWCにぶつけるためジーコジャパンはWC集中モードに突入する。

【 サッカー&フットサルマニアのためのTシャツブランド スイッチ>オン designed by FWDJ 】
[PR]
by powertools | 2006-05-13 16:26 | football column

【 ホームページの改良 】

■ J design column vol.23 ■


2002年から様々な方のホームページを見てデザイン画を起こすという運営形態を続けてきましたが、自身の環境の変化に伴い少しホームページの運営方法を改良したいと考えてます。今、他の会社の方々とも案を出し合っている最中なので今しばらくお待ちください。今回は久しぶりに製品用のグラフィックを仕上げました。フラワーアーティストによる花のレイアウトをデジタルグラフィック化するデジタルフラワー。最初のモチーフはミニヒマワリ、トルコキキョウ、ベルテッセンです。
a0008708_9523587.gif

[PR]
by powertools | 2006-05-13 09:52 | design column

【 中村俊輔 Wカップに合わせ帰国 】

■ JFC column Vol.78 ■ 2006年5月9日
【過去の中村俊輔試合レポートを読みたい方は右横カテゴリー内のfootballcolumnの文字をクリック♪】

スコットランドリーグ(SPL)でチーム優勝し、俊輔が日本に帰国する。スペインリーグに移籍するか、セルティックでチャンピオンズリーグに参戦するかはワールドカップ以降の決定となる見通し。

今日は日本代表戦が大阪永井スタジアムで行われる。対戦する相手はブルガリア。

FWでは久保が当確だが、巻、佐藤の活躍があるかどうか。MFでは阿部と長谷部、サイドバックでは村井と駒野がどこまで食い込めるかが焦点となる、DFとしては松田という選択肢もあるはずだが、召集されていない。

FWの先発は玉田と巻。久保は大事を取ってベンチスタート。他にも小笠原、小野、佐藤もベンチスタートだった。キックオフから1分も立たず、相手のサイドチェンジ一発からマイナスぎみのクロスをトップに飛び込まれ、失点。時計を確認する間もなく、失点した日本代表。0-1。遠藤がトップ下の日本代表は前半いくつか好機を作り上げたが、遠藤や玉田、巻のシュートはほとんどゴールの上に跳んでいってしまう。ふかしてしまうのだ。「決定力不足」この問題を消化しきれていない。阿部はいい動きを見せていたし、私が気に入っていた村井もよかった。が・・・その村井に悪魔が襲いかかる。前半終了直後にボールをトラップし、攻撃に移りかけたその瞬間・・・村井の動きがおかしくなった。。。あぶない感触・・・。倒れた村井は試しに足を動かそうとした・・・が、無常にもひざはまったく曲がらなかった。自身で交代を申し出た村井は、その後、天を仰いだ。

後半に入り、0-1の状態で試合は続く。後半16分にジーコは小笠原(福西アウト)と小野(田中誠アウト)を入れた。小野と小笠原はすぐさま、状況を変えた。それまで日本を攻めさせて、カウンターを仕掛けるブルガリアだったが、ボールを二人に支配されはじめる。小笠原の縦パス、シンジのトリッキーなトラップに相手は翻弄され。その二人に引き付けられた相手DFは加地にクロスをあげさせ、こぼれ球をサントスがシュートっ!  ガツン!!巻がねじ込み1-1の同点!! さらに佐藤と長谷部を入れ、最後のフィニッシュの予定だったが・・・日本は敗戦した。試合終了直前のロスタイム。左サイドから相手のFKを与えてしまい、相手の体が重なったのか力のないシュートが川口の前でバウンドし、そのまま勝ち越しゴールを相手に与えてしまったのだ。

負けた・・・・・・・・・。

村井の怪我がひどくなければいい。他にもフィニッシュの制度の問題、ジーコは久保は当確としてもFWに誰を選ぶのか。また長谷部のよさが発見できなかった。海外から俊輔、松井、中田を取り入れ、さらにこのメンツでどうワールドカップに乗り込むのか。あと一ヶ月。日本代表の三回目のワールドカップ本戦が幕を開ける。

【 サッカー&フットサルマニアのためのTシャツブランド スイッチ>オン designed by FWDJ 】
[PR]
by powertools | 2006-05-09 16:38 | football column