【 イラレ教室 第2回 】

【 このスクールの目的 】 ● 最初に右横のスクールというカテゴリを選択してください。過去の授業内容が全て表示されます。
イラストレーターというソフトを持っている方々がソフトの使い方を理解し、実際に応用できるようになること。
(イラストレーターを略して「イラレ」と呼ぶことがあります。)
a0008708_1358162.gif
第2回のテーマ 【 作品を飾る額を作ろう! 】
最初に自分の作品をアップする額をイラストレーターで作ってみましょう。イラレはイラストを描く事はもちろん文字を配置したり、枠も自由に作ることができます。一般的に普及しているワードで自分の思うように書類をキレイに作ることができない不満をもっている方がイラレを覚えると「こんなに自由に作ることができるのか!!すごい!!」と声をそろえて言います。

まず自分のblogやHPにキレイにアップされる大きさを選びましょう。大きさを指定されている場合はその大きさで枠を作ることになります。私の場合、枠の作り方はもっとラフで適当に作ってます。このblogの横のイラストの枠も適当にエイっ!っと四角を描いただけっす。イラレを起動させると左下あたりに記号が二列に並んでます。矢印やら四角やらの記号が並んでますが、その中の四角マーク(長方形ツール)のボタンを一回クリックすると四角、角の丸い四角、円、六角形、星型といくつかの種類のマークがでてきます。好きな形をクリックするとその形を描けるようになります。自分の好きな形をマウスを使って描いてみましょう。マウスをドラッグすると好きな大きさの形を描けます。【シフトキー】をおしながらドラッグすると縦と横が同じ大きさで正方形や正円を描くことができます。好きな形を選び、作品を飾る額を作ってみましょう。縦長でも幅広でも円でもかまいません。課題を沢山こなすとその作品がすべてその額に収まり、順番に並んでいく姿はキレイで感動するでしょう。その描いた額の縁の線の太さは変更できます。自分の好きな大きさで額を描たら、次に線の太さを調整して自分の好みの枠に仕上げましょう。線の太さの調整は
【ウィンドウ】→【線種】→【線の太さ】
この線の太さというところの数字を大きくしたり小さくしたりすると線の太さが変わります。自分がきれいだなと思う太さに調整しましょう。枠が完成したらその額をウェブ用に保存して自分のブログやホームページにアップしてみてください。その際にこの記事にトラックバックして下さい。大きすぎたり、小さすぎた場合は大きさを調整します。大きさを変更する場合はその額をマウスでクリックすると描いた形が選択されます。選択された形の上をマウスで引っ張れば上に伸び、横に引っ張れば横に伸びます。【シフトキー】をおしたまま引っ張ると縦横の比率が同じまま拡大縮小されます。
このFWDJのブログに掲載している作品はすべて額に入れて掲載しています。参考にしてください。

【FWDJ課題 01】 自分でデザインした額をアップする。
[PR]
by powertools | 2005-08-09 13:59 | school


<< free web design... 【 日韓戦 東アジアサッカー選... >>