JFC 【 本番開幕 】

■ JFC column Vol.05 ■ (2004年3月1日)

アテネオリンピックアジア最終予選 U-23   ■ 日本 vs バーレーン(ホーム) 

  アテネオリンピックの最終予選(23歳以下)、日本 vs バーレーンがアブダビのアルジャジーラスタジアムで行なわれた。3月1日(vsバーレーン)、3月3日(vsレバノン)、3月5日(vs UAE)という強行日程の最終予選、日本はB組。本番開幕だ。

~~ 【先発メンバー】 ~~
FW : 田中(達也) 平山
MF : 森崎 今野 松井 鈴木 徳永
DF : 菊地 闘莉王 那須
GK:林 ● 監督:山本

相手のバーレーン王国はアラブ人が住む国で国土面積は奄美大島くらいの小さな国。この試合は彼らにとってホームとも言える試合なので死に物狂いで勝ちに来ることが考えられる。 最初の20分が決め手となると日本も考えており、攻撃的な布陣を用意。そしてカウンターケアが大切だ。またなりふりかまわないずるがしこい戦術に冷静さを保つことも重要。中東のチームは点を取られると崩れる傾向がある。先制点をどちらの国が奪うか、が焦点だ。

前半、キックオフ。攻め立てる日本に対し、しょっぱなからファールまがいのプレー続出のバーレーン。レフリーもファールを取らないのでフェアプレーに徹する日本は割に合わないこともあるだろう。またグラウンドが少し、スリッピーでうまくボールがさばけない日本。速いパス回しをしたいところだが、バーレーンの選手も足が速い!速い!出したパスをうまくカットして前線にロングボールを送る戦術のバーレーン。日本の攻撃は相手ディフェンスが6人以上いることが多く、平山には常に二人のマーク。松井のドリブルも突破できず、うまく機能しない。序盤いくつかガチンコでぶつかり合う場面があったが今野と那須は岩石並みのデフェンスを見せ、バーレーンの選手は痛がり、芝の上に倒れる。が、なにぶん前線にボールが渡らない。開始10分森崎のクロスが平山のヘッドにピタリと合うが、惜しくもGKまん前。高さでは負けないが個人技でゴール前のデフェンスを崩せないとゴールは厳しい。松井のループパスもでたが田中にわずかにずれた。松井は気を吐き、豪快なシュートをふっとばすもGK好セーブに阻まれる。最近の松井はアグレッシブ度が上がってきている。グラウンドで恐ろしく怖い顔で叫ぶ姿がうつるとマイペースな松井が成長しているなぁ・・・と感じることができる。

スコアは0-0のまま折り返す。

後半、DF石川を入れ、さらにFW高松を投入し、攻撃力を高めたが切り崩すことができなかった。日本のGK林はバーレーンの一発カウンターからのピンチを何度となく救った。守りは安心なら、あとは攻撃力だ。平山、松井、山瀬、田中、森崎、頑張れ!結果を先に言うとこの試合は引き分けに終わった。アウェー、暑さ、初戦という緊張、慣れない芝、イージーなパスミスの修正、引いて守る相手に対する戦術の考慮、マークのはずし方、どこにスペースを作り誰を走りこませるのか等が次の試合に向けての改良点であろう。冷静に闘えば勝ち抜ける予選だと信じている。

【 B組 順位表 】
勝点 3 : UAE 
勝点 1 : バーレーン 
勝点 1 : 日本 
勝点 0 : レバノン 
[PR]
by powertools | 2004-03-13 17:47 | football column


<< JFC 【 4-0の勝利 】 JFC 【 本番前の仕上がり... >>